【間取りプレミアム】「部屋の自動合成」「部屋の自動分割」「アール形状」を利用した描画方法について

間取りプレミアムでは、重ねた部屋の「自動合成」や「自動分割」、組み合わせで合成する「アール形状」という機能があります。
この機能を上手く利用する事で、以下で解説する変形した形状などを描く事が出来ます。

 

 

【描画方法方法①】
※この操作で描ける図面

20100203-174704.jpg

 

(1)まず、隣合わせで2つの部屋を「矩形」「多角」を使い描きます。
※以下を行う前に、分割数を[2]に設定して下さい。

1.玄関を矩形部屋で描く。

20100203-174716.jpg

 

2.廊下を矩形部屋で隣接するように描く。

20100203-174727.jpg

 

3.多角部屋に切替え、廊下を指定したままアールを付けたい部分を以下の形状で描き自動合成する。

20100203-174737.jpg

 

4.種類を「廊下」に変更し、玄関とは逆の箇所を自動合成する。

20100203-174747.jpg

 

(2)次に、アールへ切替え「廊下」を指定して以下の手順でアールを付けます。 

1.アールを付けたい部分の「始点、終点」をクリックして決め、アールの出を調整します。

20100203-174822.jpg

 

2.アールの出が決定したら、クリックしてアール形状を確定します。

20100203-174837.jpg

 

(3)次に、「玄関」を指定し、廊下とは逆の箇所にアールを付けます。 

1.アールを付けたい部分の「始点、終点」をクリックして決め、アールの出を調整します。

20100203-174854.jpg

 

2.アールの出が決定したら、クリックしてアール形状を確定します。

20100203-174908.jpg

 

(4)最後に、画面上部の「壁消去」をクリックし、「範囲」を選択後に以下の箇所の壁を「上がり框」の表現に変更します。

 

20100203-174925.jpg

20100203-174942.jpg

20100203-175000.jpg

 

【描画のコツ】
・部屋は後から描いたものが上に重なります。
この特性を利用し、交互に「多角※自動合成」「アール」を付ける事で上記のような表現が可能です。

・アールを付ける場合、一度図面からアールがない状態を思い浮かべ「多角※自動合成」を行うと希望する図面に近づける表現が出来ます。

logo_pc_connect.gif

間取りプレミアム

お役に立てましたか?

解決しなかった解決しなかった 解決してないが参考になった解決してないが参考になった 解決した解決した
読み込み中 ... 読み込み中 ...